一般的なパソコンと何が違う?

一般的なパソコンとの違い

まず一般的に使われているOS、Windowsでは家庭向けと企業向けが存在し、それぞれが個人向けパソコンと法人向けパソコンに提供されています。更にメーカーにもよりますが、個人向けパソコンにはメーカーが提供するソフトウェアが多数インストールされ、法人向けパソコンの付属ソフトウェアは最低限のものだけに限定されています。法人向けパソコンは仕事を行うという点に特化しているため、重要なデータを失わない工夫として衝撃耐久度が高いモデルが販売されることも多く、セキリティの面でも指紋や静脈センサーを搭載し、ストレージの暗号化機能を持っているモデルも多く存在します。法人向けパソコンは、強固ですが仕事用故に遊びの少ないパソコンといえます。

法人向けパソコンの利点

法人向けパソコンの利点は保守性です。持ち運びに利用するノートパソコンであれば長年使い続けるとメモリー不足、ハードディスクの容量不足、バッテリーの劣化などを経験することになりますが、比較的交換しやすいことが多いです。本体交換ではなく、部品交換の出費のみで使い続けることによりコストを抑えることができます。法人向けパソコンは大半がメモリー交換や増設を行いやすい構造となっているのも利点と言えます。万が一のハードウェア不調も、一年以上サポート期間があるので安心して使い続けることができます。何故長期サポートが行えるかというと、使われている基盤やパーツが長期供給されているものを選んでいるため、部品がないので修理できないということが少ないためです。

会社で法人向けパソコンを導入する時、どんなパソコンを選んだら良いか分からないと悩んでいる方はいませんか?法人向けのパソコンは、一般向けのパソコンとは使用用途が違うので選び方が難しいですよね。今回は法人向けパソコンの基本的な知識や、選び方に関して色々と紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

法人向けパソコンの基礎知識

選び方

Copyright © . Computers For General Use. All Rights Reserved